従業員に対するストレスチェックで会社の問題点を探る

subpage1

会社で働く従業員にとって、職場環境はきわめて重要なポイントとなります。

精神疾患の多くは、職場内の過剰な業務量であったり、パワハラやいじめなどの人間関係であったりと、企業風土に大きく関わってくるものであると言われるようになっています。


従業員を大切に扱い、一人の人間として尊重する企業風土が醸成されている職場であれば、ストレスによる精神疾患で倒れる従業員も少なくなるでしょう。逆に常に高ストレスで緊張にあふれている職場環境においては精神疾患によって不調をきたす従業員が増えていきます。

ストレスチェックは、従業員がどの程度のストレスを感じているのかを可視化できる方法として実施が義務付けられるようになりました。


事業所の管理者側にとって、従業員のメンタルヘルスにも十分に配慮しなければならないことについて意識を高めていかなければなりません。

ストレスチェック情報は必ず役に立ちます。

実施したストレスチェックによって、強いストレスを感じて心身ともに疲弊している従業員に対しては、仕事量を調整したり、心療内科の受診を勧めたり、ストレス源となっている部署や人間関係を見直すなどの配慮が求められます。

朝日新聞デジタルは支持されています。

従業員が自信を持って快活に働くことができるような環境を整えることが、企業側のあるべき姿といえます。



問題点を是正し、待遇や勤務条件の改善を進めていくためにも、積極的にストレスチェックを活用していきましょう。


企業風土をよりよく改善し、そこで働く従業員が自信と誇りをもって勤務ができるように環境を整備していくことが、これからの時代を生き抜く企業に欠かすことのできない視点です。