ストレスチェックによって自分の心理的負担を把握

subpage1

従業員に対するストレスチェックが義務化されたため、実際に多くの設問に回答してセルフチェックを行ったという方も多いことでしょう。

他種類に及ぶストレスチェックが広く知れ渡ってきました。

その結果、かなりの高ストレス状態に置かれているということを実感し、危機感を持ったという人も少なくありません。現状で何とかなっているというギリギリのラインであっても、何らかのきっかけで大きくバランスを崩してしまい、精神疾患の引き金となってしまう可能性は決して低くはないのです。


企業側には、従業員の健康状態を常に把握して適切なケアを実施することが求められますので、自分の状態が危険な段階であると考えられる場合には、必ず早目に相談を行い必要であれば心療内科の受診や、自主的な休養を行いましょう。

Yahoo!知恵袋関連情報を紹介しています。

労働者には労働基準法が適用されますので、企業コンプライアンスの観点から従業員の不調の申し出があったからといって不利益を生じさせることはありません。


自分自身の健康維持管理を一番のベースとし、ストレスチェックの結果を有効に活用することが重要です。


もちろん企業側にとっても職場環境の改善と充実は喫緊の課題です。


適切なメンタルヘルスの管理が行われ、企業風土が改善していけば、労働者側にとっても最終的には企業側にとっても双方にプラスに作用することは間違いないでしょう。
ストレスチェックの義務化によって、精神疾患のために離職を余儀なくされるという労働者を少しでも減らし、大切な人材を守り育てていくことがきわめて重要なポイントです。