ストレスチェックを実施するメリット

subpage1

日常的に強いストレスにさらされている会社員にとって、メンタルの不調に陥る可能性は決して低いものではありません。
うつ病に代表される精神疾患への予防は従業員本人だけでなく、雇用主側にとってもきわめて重要な課題であると言えます。

今、話題の便利なストレスチェックの人気が上昇しています。

ストレスチェックを実施し、自分自身の状況について把握することによって、メンタルヘルスを整えるきっかけとなることができるとともに、体調の悪化を防ぐことが可能です。

また職場環境の見直しに繋げることもできるために、継続的に雇用状況を安定化させることも可能です。

2015年にストレスチェックの実施が義務化されたため、既に多くの従業員や社員がセルフチェックを行っており、実際にその結果に基づいて適切な対応を行うことで精神疾患の予防に至ったケースも少なくありません。

もちろんストレスチェックは1回のみで終わらせるものではなく、定期的に実施して精神状況の経過観察を行っていくことが重要です。
雇用側にとっても従業員が心理的な不調のために現場を離脱することは大きな損失であると言えます。

産経ニュースの基本知識を紹介しています。

管理職が従業員への対応を真剣に行っていく体制の構築を行い、ストレスの少ない職場環境を目指して改善を行っていくことが重要となります。



適切なストレスチェックを行い、しっかりと精神的な面でのサポート体制も充実させることや、職場環境の適正化を目指していくことが企業側に求められますし、従業員本人も無理をせず休養や気分転換を行うことを心がけましょう。