従業員のメンタルを守るストレスチェック

subpage1

メンタルヘルスという観点で健康管理を行う必要性が指摘され、2015年に実施が義務付けられたストレスチェックですが、当面は従業員50名以上の事業所に適用されることとされており、それ以下の規模の中小事業所においては実施について「努力義務」とされています。

ストレスチェックについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

しかし、どのような事業形態であっても、従業員数の違いがあっても、その現場で労働しているのはあくまでも一人の人間であり、その点を見逃してはなりません。

特にコンプライアンスの遵守が疎かにされがちな中小企業においてこそ、ストレスチェックの実施とその結果に対する対処が必要であると考えられます。


職場の環境が与えるストレスはきわめて大きいもので、日常的な勤務の中での人間関係や労働時間、給与水準や仕事に対するやりがいなど、比較的わかりやすいものから数値では判断できないものまで、多くの原因があります。

goo ニュースの知識が身につきます。

ストレスチェックはそれらを可視化して浮き彫りにすることで、従業員のメンタルヘルスの状況を把握することができる方法として重要です。



超過勤務が続き、心身ともに疲弊していないか、パワハラやセクハラなどの被害を受けていないか、職場管理者は一人ひとりに目を向けて、従業員が精神疾患を引き起こさないように適切な対応を講じることが求められるようになっています。


生産性の向上、売上の増加、実績の積み上げなど、数値をアップさせることだけが会社の評価を高めるものではありません。従業員を大切にすること、働きやすい環境が整っていることなど、ソフト面でのサポートが今後は重要となってくるでしょう。

医療をもっと知る

subpage2

会社で働く従業員にとって、職場環境はきわめて重要なポイントとなります。精神疾患の多くは、職場内の過剰な業務量であったり、パワハラやいじめなどの人間関係であったりと、企業風土に大きく関わってくるものであると言われるようになっています。...

more

医療をよく学ぶ

subpage3

ある程度の規模の企業になると社内に専任の産業医を雇用するケースがありますが、その様な大企業でない限りは社内に医療スタッフが存在していないという方が一般的であると言えます。その様な状況下においては2015年から始まったストレスチェック制度に対応するのもそれなりに困難を感じることになるでしょう。...

more

身になる知識

subpage4

日常的に強いストレスにさらされている会社員にとって、メンタルの不調に陥る可能性は決して低いものではありません。うつ病に代表される精神疾患への予防は従業員本人だけでなく、雇用主側にとってもきわめて重要な課題であると言えます。...

more

知識を増やす

subpage5

従業員に対するストレスチェックが義務化されたため、実際に多くの設問に回答してセルフチェックを行ったという方も多いことでしょう。その結果、かなりの高ストレス状態に置かれているということを実感し、危機感を持ったという人も少なくありません。...

more